勤怠管理をタイムカードから脱却する

企業は、従業員の勤怠状況によって給与計算を行ったり、ある程度の健康を把握したり、業務に対する人件費構成を変えたりしています。その為には、勤怠管理を行う必要があり、今まで紙ベースのタイムカードが使われてきました。タイムカードは、従業員がそれぞれ出勤時と退社時、休憩時に押す必要があり、タイムカードを事務員が集計して給与計算を行うという流れで行われてきました。しかし、タイムカードを使った勤怠管理は、その勤怠データを使って分析をするという場合に適しておらず、近年ではクラウドコンピューティングを活かした勤怠管理システムへの移行が進みつつあります。

クラウドコンピューティングベースで勤怠管理システムを構築するメリットは、従業員が端末からシステムにアクセスして出勤などをチェックしていくだけですので、タイムカードと比較して手間が掛からず、企業側は従業員の勤怠データを取得しやすくなり、取得したデータをベースに給与計算を行ったり、グラフにして可視化を図る事でデータ分析をして、現在の問題点を洗い出して改善していく事が可能です。勤怠データは、企業内での業務上の仕組みを変えていくのに役立てる事ができ、システムを活用する事で人員の過不足チェックに使ったり、休暇の残日数を把握したり、休暇申請を簡略化したりといった事が行えます。打刻漏れや不正な打刻を封じる為の手段としても活用する事が可能ですので、企業にとってメリットが高いシステムです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です