中小企業にお勧めの勤怠システム

会社で従業員の管理を行うためには勤怠管理の仕組みが必要になります。出勤時間や出勤日数と言うものは給料に直結するものであるため、正確な数字を把握することが必要不可欠なのです。そのような作業に対して最も少ない手間で大きな成果をあげることが出来るように多くの企業が勤怠システムについて頭を使うことになります。様々な選択肢が存在していますが、従業員数が少ない事業所においてはタイムカードと呼ばれる勤怠システムが最も便利であると言えるでしょう。

タイムカードのメリットとしては非常にイニシャルコストが安く済ませることができると言う点にあります。この仕組みを使って勤怠管理を行うためには専用のカードとタイムレコーダーの2つがあれば済みます。タイムレコーダーは新品でも安価に購入できるモデルが数多く存在していますし、専用のカードであるタイムカードは素材が上ですので安価に販売されています。従業員数がそれほど多くない場合においては手軽に導入することができると言う点において魅力の多い勤怠管理の仕組みであるといえます。

ある程度従業員の数が増えてくるとタイムカードの管理の煩雑さの方がメリットを上回る場合もありますので、そのような状況においては専用の勤怠システムを検討するメリットも出てきます。しかしながら導入のために必要になるコストがタイムカードに比べて大幅に高くなると言う性質がありますので、中小企業の第一選択としてはやはりタイムカードになるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です