適度な食事制限と運動で健康にダイエット

年末年始の外食続きで食べ過ぎたり、露出の多い服を着る季節になったり、結婚式や特別なイベントの前、昔の服を着ようとしたらきつくなっていた時など体型が気になるタイミングは様々です。鏡に映った自分の姿を見て「痩せなければ」と思ってダイエットを決意したらまず考えるのはどの方法を選ぶかということです。一定の食品だけを食べたり、サプリを使ったり、プチ断食をしたり、ジムに通ったりトレーニングをしたり、痩身エステやサロンに通ったり、世の中はダイエットの情報であふれています。その中から自分に合った方法を探すのは大変で、間違ったやり方をすると長続きしないばかりか逆にストレスで太ってしまうこともあります。

人間は基本的に摂取するエネルギーが消費するエネルギーより少なければ太りません。ほとんどの人は食べ過ぎが原因で体重が増えるので、毎日の食生活を見直して無駄なエネルギーの摂取を控えるだけで無理なトレーニングや薬物などに頼らなくても体重を減らすことができます。例えば、食事は朝、昼、夜の3食だけに限定して間食は控える、おやつは食べないようにする、どうしても甘いものが欲しければカロリーゼロや低カロりーのスイーツを選ぶなどのちょっとした変化だけで摂取カロリーはずいぶん違ってきます。アルコールやソフトドリンクなどの飲み物に含まれるカロリーも意外と多いので注意が必要です。

食事を減らすだけだと筋肉が落ちてしまい、体型が崩れてしまうこともあるので同時に軽い運動をすると効果的です。ウォーキングや座らずに通勤する、階段を使うなどちょっとしたことでもよいので毎日続けて健康なダイエットを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です